朝が苦手、スッキリ目覚めたい。
よく二度寝をしていまう。
シフト勤務で昼以降に起きる事が多い。
海外出張が多く、時差ぼけをなんとかしたい。
睡眠のリズムが崩れ、夜は眠れず昼間眠気に襲われる。
介護している親が夜中々寝てくれず、徘徊したりする。

 もし、こんな悩みをお持ちなら、光が解決してくれます。

人間は光で目覚める

 人間は本来日の出と共に目覚め、日没で眠りについていました。つまり、人間は光によって目覚めていたのです。
 現在多くの方が、目覚まし時計や携帯電話の音や振動によって起床しています。しかし、音や振動で目を覚ますのは本来、地震や外敵の急襲などの異常事態が発生した時であり、自然な目覚めではありません。

 人間の体の構造もその様になっています。人間は強い光(通常日光)を浴びる事で体内時計がリセットされ、今が朝だと認識します。そして、その14〜16時間後に睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌され眠りに落ちると言われています。
 しかし、光と言っても蛍光灯のような室内照明では光の強さは全く足りません。室内照明の明るさは500〜1000ルクス、日光は10000ルクスを超えるのです。
 また、日照量の少ない冬になると、うつ病の症状を発する、”冬季うつ病”という病気があり、その治療法として光療法(日光浴)が効果的である事が知られています。それほど人間にとって光というのは重要なのです。

 もし体内時計のリセットが正しく行われないと、睡眠のリズムが狂い、夜中々寝付けなかったり、寝付いても睡眠が浅かったりする睡眠障害を引き起こします。そしてまた朝起きられない、日中眠気に襲われる悪循環に陥るのです。これは現代型不眠と呼ばれ、確実にその数を増やしており社会問題化しつつあります。

 つまり、良い睡眠は良い目覚めから始まる、と言うわけです。

 PER3は1万3千ルクスの光で、しっかりとした覚醒をもたらし、それによって体内時計もリセットされます。その結果不眠や睡眠障害を改善・解消し、寝坊や二度寝の予防にもなります。特に現代型不眠に有効です。しかも送料無料で返金保証付き。
 最近よく眠れず毎朝目覚めるのに苦労していると言う方にも、睡眠のリズムが崩れがちなシフト勤務や夜勤の方にも最適時差ぼけの解消にも使えます不眠や睡眠不足を感じている方、まずは良い目覚めを目指してみてはいかがでしょう?。
 また、認知症や介護を受けている方も、朝に強い光を浴びる事で夜しっかり眠るようになります。




内臓脂肪の落とし方